qu’une vie

あなたの移動を美しく。  “TRANSIT WEAR”

qu’une vie  
クヌヴィは、現代の女性のライフスタイルに合わせた「トランジットウェア」を提案。 旅行またはビジネスでの移動シーン、ジムなどでのスポーツシーンにも着用できるアイテムです。

NY州弁護士でありながら戦うキャリア服をデザインしてきた島津ヒロミが、ノンストレス素材とオリジナルプリントで表現する、非常にファッション性の高いデザインで構成されてます。

On na’a qu’une vie (オン・ナ・クヌヴィ)人生は一度だけ。


  • 島津 洋美 しまづ・ひろみ
    東京生まれ。大学よりアメリカ東海岸に留学。NY州弁護士。 コロンビア大学MBA リズクレイボーンアジア副社長を10年務め、独自でテキスタイル、立体裁断、デザイン、色彩学を日本とNYの専門家に10年以上師事。2011年に自身のブランドPrincess Hiromiを働く女性のための上質な等身大の服として立ち上げる。 NYのファッション業界でビジネスとデザインのキャリアを積み、プロフェッショナルでモダンな女性が際立って美しく見える上質な服を創る。 着る人がプリンセスのように敬意をもって扱われるようにという意図からのブランド名。「戦わずして勝てる服」最強の出張服とリピーターも多い。主にイタリア、フランスのウール、シルク、リネン素材。ニューヨーク生産。立体裁断。 2007年共著「カラーセオリーインショップ」フォー・ユー社 2014年アパレルテキスタイル最優秀賞知事賞受賞。 2015年スウェーデン大使館日本起業家賞先駆者賞受賞 2017冬~ショップチャンネル サアンノby Hiromi Shimazu (ニット) 2018 HUBLO loves womenファイナリスト 2019 秋~お台場TVとPrincess TV 業務提携 NYや日本、アジアの働く女性の世界観や服、服文化について講演。東京ミタクラブ、HKロータリークラブ、海外MBA朝活、松屋銀座など。変身ファッションショーはいつも大好評。